headband

データ通信量7GBを超えると

Youtubeなどの動画再生やアプリのダウンロードなど、多くのデータ量がかかるときに注意したいのが「通信速度制限」です。

条件を満たしてしまうと、大幅に通信速度が低速化されてしまいます。

Y!mobileなどのポケットWi-Fiには、「1ヶ月の間に使ったデータ通信量が7GBを超えたその時点から、当月末まで通信速度を規制する」といったルールがあります。

なぜ規制するのかというと、スマホユーザーの増加や、LINEやSkypeなどのビデオ通話など、ネット上でやり取りする、写真や動画の容量が増大しているからです。このような状況のため、端末毎にデータ通信量の上限を設定することによって、回線の混雑の緩和や、利用者の回線使用の公平性を保つことができるとされています。

どれぐらい速度が制限されるの?

通信速度が低速化されると、Wi-Fiの送受信時の通信速度が、最大128kbpsまで低下します。ただし、最大通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)なので、常に128kbpsとは限りません。実際に利用する時間帯や場所によっては、約10分の1の10kbps程度しか速度がでないということもあります。

多くのデータ量が必要となる動画の場合、まともに鑑賞できるようになるまで、耐えられない程待たされることになります。最悪のケースですと、利用そのものができないこともあります。

メール程度の場合はもともとデータ通信量が少ないので、通信速度が遅くなったとしてもそれほど動作が遅いと感じないでしょう。

通信速度を戻す唯一の方法

通信速度制限が発生した場合は、その月の月末まで速度を戻せません。

翌月に入り次第、通信速度制限が解除され、元の通信速度に復活することになります。

通信速度制限にかからなくなるためには、こまめにデータ通信量を確認しましょう。そうすれば、使い過ぎを防止することができます。日頃からチェックする癖をつけるようにしてください。

その点、WiMAXのギガ放題では基本的に7Gの通信制限がない(ハイスピードモードのみ使用しているの場合)ので、おすすめです。

pagetop
Copyright(C) 2012 ポケットWi-Fi使用するにあたって All Rights Reserved.